価格と便利さで人気の交通手段を紹介します

コンテンツ

早めの予約

夜行バスを利用する際に大切なのが、乗車する日を予約するということです。予約状況によっては席が埋まり乗車できない場合もあるため、早めに予約をしておくことで席を抑えることができます。

詳細を読む

移動時間を短縮できる

新千歳空港を利用する際、空港付近にある会社でレンタカーを借りることで、移動に時間をかけることがありません。借りる際や返却の際時間がかかることもあるため、空港に近いことで飛行機に乗り遅れる心配もありません。

詳細を読む

安心して利用できる

スキーのシーズンになると、レンタカーを利用する人が多くなります。スキーに必要な道具を入れることもでき、レンタカーに装着する装備も万全なため、安心して利用することができます。

詳細を読む

移動費がリーズナブル

夜行バスの歴史を知っておこう

夜行バスが人気を集めています。この夜行バスの歴史についてはどうでしょうか。夜行バスが初めて走り始めたのは今から50年ほど前だと言われています。ただ当時は現在と違い高速道路が発達していなかったため、長距離移動にも限界がありました。この夜行バスが人気が出始めるのは、高速道路網が発達した1990年代のことです。これにより、夜行バスの利用者が増えはじめました。夜行バスの利用者が増え始めると、各社で夜行バスを運行することが増えるため、競争が激しくなりました。特に大都市間の移動では、複数の会社が同じ路線を走るために価格競争に突入したのです。価格競争をすることで喜んだのは一般利用客ですが、それによってある問題点が生じてしまったのです。

値段か贅沢さかの選択

それは、バス運転手の過労に伴う事故の頻発でした。特に高速を走るため、一度事故を起こすと多数の死傷者が出てしまうのです。これが社会問題になり、価格競争に対して疑問を投げかける声も増えてきたのです。価格競争に対して今度は設備の充実さや快適さで争う会社も増えてきました。移動区間をできるだけ贅沢に移動するとともに、設備を充実させした。また1つのバスに乗る人数を制限して今まで3列シートや4列シートだったものを飛行機のファーストクラスや、新幹線のグリーン車やグランクラスのように豪華な椅子に変更して、シートも2列シートにしている会社が増えてきました。価格競争が行われる一方で、このような快適さを求めるぜいたくな競争も行われているのです。

↑ PAGE TOP